Q&A

Q&A

Q

人間はどうして勉強しなきゃいけないの?(小5・男子)

こたえたおとなたち
  • 日本語教育専門家・実践家

    嶋田和子さん

  • 気象予報士

    寺田サキさん

  • ピースボート共同代表

    川崎哲さん

  • 解剖学者

    坂井建雄さん

  • 登山家

    渡邊直子さん

  • クライマー

    平山ユージさん

  • サーファー・シェイパー

    鈴木正さん

  • 元郵便局員・『41歳の東大生』著者

    小川和人さん

  • 宇宙飛行士

    山崎直子さん

  • マサイ族・運転手

    マイケル・エドワード・モレルさん

  • サイエンス作家・YESインターナショナルスクール校長

    竹内薫さん

  • 解剖学者

    養老孟司さん

プロフィール

嶋田和子

日本語教育専門家・実践家

嶋田和子(シマダカズコ)さん

昭和21年東京都生まれ。津田塾大学英文科卒業。外資系銀行に就職後、専業主婦を経て日本語教師となる。平成2年から国際青年交流学園イーストウエスト日本語学校に勤務。副校長まで務めた後退職。現在はアクラス日本語教育研究所代表理事、日本語教育学会監事、杉並区交流協会評議員および日本語教室統括コーディネーターなどに携わっている。著書『外国にルーツを持つ女性たち』(ココ出版)は、日本人と結婚した外国人女性たちの、文化の違いをパワフルに、前向きに乗り越えていくノンフィクション。『できる日本語』シリーズは、新しい日本語教育を目指して作成された教科書。

A

韓国語では勉強のことを感じで”工夫”と書きます

私は、そもそも勉強という言葉はあまり好きじゃありません。学習とか、学びと言います。韓国ってね、勉強のことを공부(ゴンブ)と言いますが、漢字では”工夫”と書くんです。何かを学ぶとは、誰かにやらされるのではなく、自分で工夫して取り組むということなんですよね。

取材・文/Questionary編集部

Q&A / 2023.10.17

プロフィール

嶋田和子

日本語教育専門家・実践家

嶋田和子(シマダカズコ)さん

昭和21年東京都生まれ。津田塾大学英文科卒業。外資系銀行に就職後、専業主婦を経て日本語教師となる。平成2年から国際青年交流学園イーストウエスト日本語学校に勤務。副校長まで務めた後退職。現在はアクラス日本語教育研究所代表理事、日本語教育学会監事、杉並区交流協会評議員および日本語教室統括コーディネーターなどに携わっている。著書『外国にルーツを持つ女性たち』(ココ出版)は、日本人と結婚した外国人女性たちの、文化の違いをパワフルに、前向きに乗り越えていくノンフィクション。『できる日本語』シリーズは、新しい日本語教育を目指して作成された教科書。

プロフィール

寺田サキ

気象予報士

寺田サキ(テラダサキ)さん

『すごすぎる天気の図鑑』などの著者、雲研究者の荒木健太郎氏に師事。7歳の娘さんの母。現在は琉球大学大学院で気象に関する研究を行っている。

A

毎日が楽しくなるから

学習塾を開いて子どもたちに勉強を教えていたことがあります。幼児から小学生まで10人くらいの小さな教室だったんですけど、当時子どもたちに「勉強しなさい」と言っていた理由は、「人生を楽しんでほしい」と思っていたからです。「ひらがながキレイに書けるようになった!」とか、「こんな難しい計算ができるようになった!」など、自分のできることが増えたり、得意なことを見つけたりすると、毎日が楽しくなりますから。
私が気象予報士になった理由は、大学生のときに塾の先生をやっていて、理科の天気分野を教えるのがいちばん苦手だったんです。
生徒に教えるために自分も勉強しなきゃと思って、そこから天気のおもしろさを知って天気が好きになりました。
こんなふうに、自分で楽しむ方法を見つければ、苦手だったことが好きになることもありますよ。

取材・文/Questionary編集部

Q&A / 2023.10.17

プロフィール

寺田サキ

気象予報士

寺田サキ(テラダサキ)さん

『すごすぎる天気の図鑑』などの著者、雲研究者の荒木健太郎氏に師事。7歳の娘さんの母。現在は琉球大学大学院で気象に関する研究を行っている。

プロフィール

川崎哲

ピースボート共同代表

川崎哲(カワサキアキラ)さん

1968年東京都生まれ。ピースボート共同代表。2017年にノーベル平和賞を受賞した「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」の国際運営委員・会長。日本平和学会理事。著書に『核兵器はなくせる』(岩波ジュニア新書)、『絵で見てわかる 核兵器禁止条約ってなんだろう?』、『僕の仕事は、世界を平和にすること。』(旬報社)。どれも、世界のできごとと自分とのつながりを考えるきっかけをくれる必読書。2021年、第33回谷本清平和賞を受賞。

A

なにかをよりよい方向に変えるために必要

今の世の中、言い訳のための勉強になってしまっていることが多い気がします。たとえば、歴史的な事実や最新の論文など、勉強した知識をたくさん話して、だからこの問題は変わらない、しかたがないと言う大人がたくさんいます。勉強したことをそんなふうに使っても、なんの役にも立ちません。そういう人たちは、私が「核兵器をなくそう」とか「戦争をなくそう」って言うと、「いやそれはできるわけない」と言います。なにも変えないことが、いちばんラクなんです。

ICANのメンバーとしてノーベル平和賞を受賞したときもそうでした。メンバー全員、「核兵器をなくすこと」はできる、と心から思って活動している一方、そんなこと絶対できっこないって言う人がどれだけ多かったことか。

「現実はきびしい、変えられない」そんなふうには考えたくないという思いが私はすごくあるし、なにかをよりよい方向に変えるために、私たちには勉強が必要で、そのために勉強したことを使ってほしいと思います。

取材・文/Questionary編集部

Q&A / 2023.10.17

プロフィール

川崎哲

ピースボート共同代表

川崎哲(カワサキアキラ)さん

1968年東京都生まれ。ピースボート共同代表。2017年にノーベル平和賞を受賞した「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」の国際運営委員・会長。日本平和学会理事。著書に『核兵器はなくせる』(岩波ジュニア新書)、『絵で見てわかる 核兵器禁止条約ってなんだろう?』、『僕の仕事は、世界を平和にすること。』(旬報社)。どれも、世界のできごとと自分とのつながりを考えるきっかけをくれる必読書。2021年、第33回谷本清平和賞を受賞。

プロフィール

坂井建雄

解剖学者

坂井建雄(さかいたつお)さん

東京大学医学部医学科卒業。現在は順天堂大学医学部解剖学教授。著書に『ぜんぶわかる人体解剖図』(共著、成美堂出版)『面白くて眠れなくなる解剖学』(PHP研究所)『骨と関節のしくみ・はたらき ゆるっと事典』『脳と神経のしくみ・はたらき ゆるっと事典』(永岡書店)『はたらく内臓』など。解剖学の教科書や図譜も多数手がける、人体のスペシャリスト。いちばん好きな臓器は腎臓。

A

かならず生きていくための”武器”になります

たとえばその日勉強したことを、脳は少しのあいだ覚えておこうとします。それをずっと忘れない記憶に変えてくれるのが、”海馬”という場所です。でも、内容によっては、くり返し勉強しないと忘れてしまうときがありますよね。人によって、覚えるのが上手な人とそうでない人はいるし、見て覚える人、書いて覚える人、口に出して覚える人、勉強のやりかたもいろいろあります。だから、自分はどんな勉強のやりかたが合っているかを発見しましょう。誰かと話をするとき、学校で生活していくとき、勉強したことはかならず生きていくための”武器”になりますから。

取材・文/Questionary編集部

Q&A / 2023.10.17

プロフィール

坂井建雄

解剖学者

坂井建雄(さかいたつお)さん

東京大学医学部医学科卒業。現在は順天堂大学医学部解剖学教授。著書に『ぜんぶわかる人体解剖図』(共著、成美堂出版)『面白くて眠れなくなる解剖学』(PHP研究所)『骨と関節のしくみ・はたらき ゆるっと事典』『脳と神経のしくみ・はたらき ゆるっと事典』(永岡書店)『はたらく内臓』など。解剖学の教科書や図譜も多数手がける、人体のスペシャリスト。いちばん好きな臓器は腎臓。

プロフィール

渡邊直子

登山家

渡邊直子(ワタナベナオコ)さん

1981年福岡県大野城市生まれ。3歳から登山やサバイバルキャンプを始め、小学生になるとアジアの子どもたちといっしょに中国の無人島でキャンプしたり、4年生で雪山登山を経験し、12歳で4700mの山に登頂するなど、冒険に慣れ親しんだ幼少期を過ごす。現在は看護師として働きながら、ヒマラヤ(ヒマラヤ山脈やカラコルム山脈)に14座ある標高8000m超の山々に挑む。現在13座に登頂すみで、あと1座(シシャパンマ)を登ると日本人女性初の全座制覇の偉業となるが、「それは通過点。子どもたちをヒマラヤに呼んで、冒険できる場を提供していきたい」と語る。

A

自分の知らない自分に出会うため

学校の勉強は、無理してしなくていいと思います。私はそんなにきらいじゃなかったけど、好きなものしか勉強しようと思えなかったです。たとえば、高校生のとき英語と数学は成績が良かったので特進クラスだったんですが、ほかの教科は学年で下からかぞえたほうが早かった。いちおう苦手な教科もがんばってはみるんですが、それより「好きな数学を勉強したい!」ってなる。
ただ、学校の勉強以外の“人生の勉強”はぜったいしたほうがいいです。それは言いかえると、自分の知らないことを知ること、自分の知らない自分に出会うこと。
たとえば、私は子どものときからいろんな冒険をしてきました。3歳のとき、両親のつきそいなく、登山やサバイバルキャンプに参加しました。小学生になってからは、アジアの子どもたちといっしょに中国にある無人島でのキャンプやモンゴル草原縦走などを経験し、小学4年生で雪山登山を初体験、そして中学1年生のときにはパキスタンで4700mまで登山しました。

そんな中で、予想もしなかったことが起こったり、ピンチに追いこまれたりしたとき、「私ってこういう良いところがあって、こんなダメなところがあるんだ」と、新しい自分に気づくことができたんです。

ちなみに今も私が山にのぼりつづける理由は、決して山が好きだからではなくて、そんな「新しい自分」を発見するためです。地球上に標高が8000mを超える山は、エベレストの8848mを頂点に14座すべてがヒマラヤ(ヒマラヤ山脈とその北西に位置するカラコルム山脈)にあります。今まで私はそれらに26回挑戦し、13座登頂しました(2023年9月現在)。1回ヒマラヤで山にのぼろうとすると、だいたい2ヵ月は現地で生活することになります。世界中からいろいろな人が来て、生活をともにして、生きるか死ぬかといったきびしい場面もたくさん見ます。それが、本当に自分の刺激になる。だから、毎回“勉強代”としてお金を払って行っているような気持ちなんです。

今の看護師の仕事も、もともと母が看護師で母からいろいろ話を聞いていたこともあったのですが、自分は他人とそんなにうまくコミュニケーションが取れないし、向いていないと思いこんでいました。でもあるとき、たまたまヒマラヤで看護師のようなことをする機会があって、実は「人と話すのが好き」な自分に気づいたんです。ヒマラヤにいると、誰かとしゃべりたくて仕方ないんですよ。だから、私にもできるかも、と思って、今看護師として働いています。

取材・文/Questionary編集部

Q&A / 2023.10.17

プロフィール

渡邊直子

登山家

渡邊直子(ワタナベナオコ)さん

1981年福岡県大野城市生まれ。3歳から登山やサバイバルキャンプを始め、小学生になるとアジアの子どもたちといっしょに中国の無人島でキャンプしたり、4年生で雪山登山を経験し、12歳で4700mの山に登頂するなど、冒険に慣れ親しんだ幼少期を過ごす。現在は看護師として働きながら、ヒマラヤ(ヒマラヤ山脈やカラコルム山脈)に14座ある標高8000m超の山々に挑む。現在13座に登頂すみで、あと1座(シシャパンマ)を登ると日本人女性初の全座制覇の偉業となるが、「それは通過点。子どもたちをヒマラヤに呼んで、冒険できる場を提供していきたい」と語る。

プロフィール

平山ユージ

クライマー

平山ユージ(ヒラヤマユージ)さん

1969年生まれ。15歳でクライミングに出合い、10代で国内屈指のクライマーに。その後、フランスに8年移住しトップクライマーとして活躍。1998年のワールドカップでは、アジア人として挑戦するクライマーがまだいない中、総合優勝を達成。2000年には2度目のワールドカップ総合優勝を飾り、年間ランキング1位にも輝く。その偉業の数々と美しいクライミングスタイルは、世界中のクライマーから今もなおリスペクトされ続けている。2010年にクライミングジムClimb Park Base Campを設立。以降クライミングジムの運営や、一般社団法人小鹿野クライミング協会の会長を務める傍ら、オリンピックやワールドカップで解説者を務めるなど幅広く活動中。公式ホームページ https://yuji-hirayama.com/
Instagram https://www.instagram.com/yuji_hirayama_stonerider/

A

勉強の楽しさとクライミングの楽しさは同じ

僕の場合、勉強は好きな科目は好きだったんですけど、嫌いな科目はとことんやらなかったですね。地理と歴史が好きで、姉が5歳上だったので、高校で使っていた地図をもらって、それを小学校のランドセルに入れて、いつもながめては旅をしているような気持ちになっていました。
あと、中2のときの英語の先生が、毎回ポイントをひとつにしぼって、「こういうときは相手にこう伝えれば理解してもらえるよ」と、英語の“しくみ”をわかりやすく教えてくれたんです。逆に中1のときの英語の先生は一方的で「This is α pen. はい、ついてきて!」みたいでつまらなかったから、ああ、勉強ってしくみや構造がわかるようになると、楽しくなるんだなあと思ったのを覚えています。数学も、答えの解き明かし方がわかると楽しくて、だんだん嫌いじゃない一面が見えてきていました。
実は、クライミングもそれとまったく同じなんです。
登る前、地上にいるときに、なんで怖いのか、危ないと思うのかという理由を、自分の技術と照らし合わせながら分析して、「こうすれば登れるはず」と、未知の領域を減らしていきます。そうやって答えを解き明かしていくプロセスの中で、自分自身の進化を感じられることが楽しいんです。だから、クライミングは技術的、体力的なだけではなく「考える」スポーツなんですね。

取材・文/Questionary編集部

Q&A / 2023.10.17

プロフィール

平山ユージ

クライマー

平山ユージ(ヒラヤマユージ)さん

1969年生まれ。15歳でクライミングに出合い、10代で国内屈指のクライマーに。その後、フランスに8年移住しトップクライマーとして活躍。1998年のワールドカップでは、アジア人として挑戦するクライマーがまだいない中、総合優勝を達成。2000年には2度目のワールドカップ総合優勝を飾り、年間ランキング1位にも輝く。その偉業の数々と美しいクライミングスタイルは、世界中のクライマーから今もなおリスペクトされ続けている。2010年にクライミングジムClimb Park Base Campを設立。以降クライミングジムの運営や、一般社団法人小鹿野クライミング協会の会長を務める傍ら、オリンピックやワールドカップで解説者を務めるなど幅広く活動中。公式ホームページ https://yuji-hirayama.com/
Instagram https://www.instagram.com/yuji_hirayama_stonerider/

プロフィール

鈴木正

サーファー・シェイパー

鈴木正(スズキタダシ)さん

1942年生まれ。新潟県小千谷市出身。ゴッデスインターナショナル株式会社 代表取締役。日本のサーフィン文化の立役者。小さい頃からモノを創ることが好きで、ベニア板で自作のサーフボードを作り始め、好きが高じてサーフショップを開設。「よく人にだまされたけれど、”人を信じる”ところからすべてが始まる」というモットーの元、波瀾万丈な人生を送りつつ、シェーパー兼経営者として最盛期は年間5000本を生産し、サーフショップ『Goddess』は日本のサーフカルチャーの先駆けとして、半世紀以上の間国内外問わず多くの人から愛され続けている(荒井由実の『天気雨』の歌の中には、「サーフボード直しにGoddessまでいくと言った」というフレーズが登場する)。サーファーとしても、第3回全日本選手権大会シニアクラスで優勝、第40回、48回、50回のロイアルクラスでも優勝を飾るなど、数々の好成績を残す。サーフィン以外でも常に時代の波を捉え続け、ウィンドサーフィン、スノーボードのブーム時はいち早くビジネスにも名乗りをあげ成功を収めた。また、プレイヤーとしても、第一回全日本ファンボード選手権大会シニアクラス優勝、スノーボードでは、53歳でA級インストラクターの資格を取得。JABA公認スノーボードスクールを3ヵ所(山梨ミサカカムイ・長野湯の丸・新潟加山キャプテンコースト)開校。現在もシェイパーとして現場にたち続ける職人でありながら、海をこよなく愛するサーファーとして、日々海に入っている。著書に『人生はサーフィン、大きな波に乗れ!人生をエンジョイする16の秘訣』(セルバ出版)。

A

それはね、人生が楽しくなるからですよ

それはね、人生が楽しくなるからですよ。
知らなかったら楽しいってこともわからない。
知識を持つと、なんでも楽しくなるじゃないですか。
勉強するってそういうことですよね。

あとは、たとえば自分は宇宙飛行士になりたいとは思いません。なれないから。
なれないものに無駄な労力を使う必要はないです。人生は短いです。

これなら絶対負けないぞ、と思えるものに心血を注ぐこと。
それが私はサーフィンでした。
まあでも、負けるんだけどね。もっとすごい人はいっぱいいるから。
負けることばっかりじゃないですか、世の中は。
負けは負けで素直に認めて、自分にできる範囲で歩んでいくことです。
だけど「負けないぞ」って思えるかどうかが大事。

取材・文/Questionary編集部

Q&A / 2023.10.17

プロフィール

鈴木正

サーファー・シェイパー

鈴木正(スズキタダシ)さん

1942年生まれ。新潟県小千谷市出身。ゴッデスインターナショナル株式会社 代表取締役。日本のサーフィン文化の立役者。小さい頃からモノを創ることが好きで、ベニア板で自作のサーフボードを作り始め、好きが高じてサーフショップを開設。「よく人にだまされたけれど、”人を信じる”ところからすべてが始まる」というモットーの元、波瀾万丈な人生を送りつつ、シェーパー兼経営者として最盛期は年間5000本を生産し、サーフショップ『Goddess』は日本のサーフカルチャーの先駆けとして、半世紀以上の間国内外問わず多くの人から愛され続けている(荒井由実の『天気雨』の歌の中には、「サーフボード直しにGoddessまでいくと言った」というフレーズが登場する)。サーファーとしても、第3回全日本選手権大会シニアクラスで優勝、第40回、48回、50回のロイアルクラスでも優勝を飾るなど、数々の好成績を残す。サーフィン以外でも常に時代の波を捉え続け、ウィンドサーフィン、スノーボードのブーム時はいち早くビジネスにも名乗りをあげ成功を収めた。また、プレイヤーとしても、第一回全日本ファンボード選手権大会シニアクラス優勝、スノーボードでは、53歳でA級インストラクターの資格を取得。JABA公認スノーボードスクールを3ヵ所(山梨ミサカカムイ・長野湯の丸・新潟加山キャプテンコースト)開校。現在もシェイパーとして現場にたち続ける職人でありながら、海をこよなく愛するサーファーとして、日々海に入っている。著書に『人生はサーフィン、大きな波に乗れ!人生をエンジョイする16の秘訣』(セルバ出版)。

プロフィール

小川和人

元郵便局員・『41歳の東大生』著者

小川和人(オガワカズト)さん

1956年、千葉県市川市生まれ。1980年、明治学院大学社会学部卒業。証券会社勤務、学習塾講師、教材制作会社勤務を経て、1988年、江戸川郵便局集配課(現日本郵便株式会社)に勤務。1997年、41歳で東京大学に入学し、2001年に卒業。郵便局で働きながら東京大学を受験、合格し、4年間通ったその経験をまとめた著書『41歳の東大生』(草思社)が話題に。2016年に日本郵便株式会社を定年退職。家族は妻と息子ふたり、孫ひとり。

A

知恵と努力の歴史を、 次の世代に伝えるため

人間はどうして勉強しなきゃいけないのか。 将来の夢を見つけたり、夢をかなえるためだろうか。
うん。正しい。

自分の能力を高め、役に立つ知識や技術を身につけるためだろうか。
うん。正しい。

趣味や興味があることを追求し、視野や価値観を広げるためだろうか。
うん。正しい。

それとも、自分に自信をつけ、困難に立ちむかう力をつけるためだろうか。
うん。ぜんぶ正しい。そのとおりである。

目的がはっきりしている人は、そのために勉強すべきである。
でも、もっと長い目で見ると、じつはぜんぶ違う。 本当は、人間はどうして勉強しなきゃいけないのかというと、答えは たったひとつ、遠いむかしから積みあげてきた人間の知恵と努力の歴史を、つぎの世代の人たちに正しく伝えるためだ。ぼくはそう考えている。

えっ? 自分のためじゃないの?
と言われそうだが、長い目で見ると違う。 ぼくたちは、過去の偉大な歴史も、偉大でないできごとも、ぜんぶひっくるめて、つぎの世代に渡さないといけない。そして、つぎの世代の人たちがよりよい方向にかじをとれるように、今の時代のぼくたちが責任をもって努力しないといけない。
それは、人間だけができることなのだ。 そして、勉強することによってのみ可能になることなのだ。 だからぼくたちは勉強しなきゃいけない。 ぼくはそう思う。

ぼくは40歳をすぎて、ふたりの子の父親になり、郵便局員の仕事をしながら、勉強して東京大学に入った。同級生たちはぼくの半分くらいの年齢だった。ぼくは偉くなる気も有名になる気もなかった。ただ、自分が好きでしてきた勉強の楽しさを、気のすむまで味わいたかったのだ。
そうしたらみんながぼくに協力してくれた。
それで、ぼくひとりではとてもできそうになかった勉強をさせてくれた、家族や職場の人たち、大学の先生や同級生たちに感謝することを、ぼくは知ったのだ。
そして、勉強して、ぼくは大学を出たら、その楽しさを誰かに伝えたいと思った。それが、勉強してぼくにできるすべてだったのである。

勉強できるということは、本当は、とても幸せなことなのである。月並みな言いかただけど、世界には勉強したくてもできない人がたくさんいる。だから、ぼくたちは勉強しなきゃならない。

そして、自分を生み、育て、勉強させてくれているおかあさん、おとうさんに感謝してほしい。自分を応援してくれているすべての人たちに感謝してほしい。 教科書に出てくる「偉人」や、教科書になど出てこないが世界を動かしてきた無数の「ふつうの人たち」、本を書いてぼくたちに残してくれた人たち、本をつくってくれた人たちに感謝してほしい。
そのためにも、人間は勉強しなきゃいけない。

取材・文/Questionary編集部

Q&A / 2023.10.17

プロフィール

小川和人

元郵便局員・『41歳の東大生』著者

小川和人(オガワカズト)さん

1956年、千葉県市川市生まれ。1980年、明治学院大学社会学部卒業。証券会社勤務、学習塾講師、教材制作会社勤務を経て、1988年、江戸川郵便局集配課(現日本郵便株式会社)に勤務。1997年、41歳で東京大学に入学し、2001年に卒業。郵便局で働きながら東京大学を受験、合格し、4年間通ったその経験をまとめた著書『41歳の東大生』(草思社)が話題に。2016年に日本郵便株式会社を定年退職。家族は妻と息子ふたり、孫ひとり。

プロフィール

山崎直子

宇宙飛行士

山崎直子(ヤマザキナオコ)さん

1970年千葉県松戸市生まれ。東京大学工学部航空学科卒業。1996年、同大学航空宇宙工学専攻修士課程修了。1999年、宇宙飛行士候補者に選抜され、2001年、宇宙飛行士となる。2010年、スペースシャトル「ディスカバリー号」に搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)の組立・補給ミッションに参加し、15日間宇宙に滞在。物資移送作業全体の取りまとめや、ISSのロボットアームの操作などを担当。現在は一般社団法人Space Port Japan代表理事や公益財団法人 日本宇宙少年団の理事長として、宇宙の魅力を伝え続ける。著書に『宇宙飛行士は見た 宇宙に行ったらこうだった!』(リピックブック)『夢をつなぐ』(角川文庫)など。

A

昨日わからなかったことがわかっていくことの喜びを大切にしてほしい

私は宇宙飛行士に選ばれてから11年間、宇宙に行くことができませんでした。

いつ宇宙船が打ち上がるかわからない毎日の中で訓練は続き、まるで“目隠しをしたままマラソンをしているような状態”でした。でも、どうせなら楽しみながらやったほうがいいし、今は「進む道は平坦でない方がいいかもしれない」「大切なのは、選ぶ道よりもその道をどう歩くか」だと思っています。

学校の勉強もそれに近いかもしれないですね。
勉強することが将来どう生かされるのか、はっきりとしたゴールが見えない。
でもそんなとき、自分でひとつひとつ、昨日わからなかったことがわかっていくことの喜びを大切にしてほしい。
私もそうしていたし、だんだん勉強することが楽しくなってきます。

あとは、まわり道をすることで学べること、見える景色もあるので、人と違うペースでもいい、と自信を持つこと。
誰かと自分を比べるというよりは、昨日よりも今日、今日よりも明日という、それぞれの自分を比べていけるといいんじゃないかと私は思っています。

取材・文/Questionary編集部

Q&A / 2023.10.17

プロフィール

山崎直子

宇宙飛行士

山崎直子(ヤマザキナオコ)さん

1970年千葉県松戸市生まれ。東京大学工学部航空学科卒業。1996年、同大学航空宇宙工学専攻修士課程修了。1999年、宇宙飛行士候補者に選抜され、2001年、宇宙飛行士となる。2010年、スペースシャトル「ディスカバリー号」に搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)の組立・補給ミッションに参加し、15日間宇宙に滞在。物資移送作業全体の取りまとめや、ISSのロボットアームの操作などを担当。現在は一般社団法人Space Port Japan代表理事や公益財団法人 日本宇宙少年団の理事長として、宇宙の魅力を伝え続ける。著書に『宇宙飛行士は見た 宇宙に行ったらこうだった!』(リピックブック)『夢をつなぐ』(角川文庫)など。

プロフィール

マイケル・エドワード・モレル

マサイ族・運転手

マイケル・エドワード・モレルさん

マサイ族、1982年タンザニアのアル―シャ生まれ。マサイ族とは、120あるタンザニアの民族のうちのひとつ。垂直に高く飛ぶ「マサイジャンプ」やライオンを狩ることで有名。色鮮やかな「シュカ」という赤い布を身に纏う。以前は遊牧民だったが、現在は観光ガイドをしたり、近隣の国に出稼ぎをしたり、遊牧民のライフスタイルは失われつつある。
マイケルは、4歳と12歳の子供2人と妻の4人でダルエスサラームに住む。出稼ぎのために12年前にマサイの村から都市に移住した。主に外国人たちの運転手の仕事をしながら、定期的に故郷の村に帰省している。本人は12人兄妹のひとり。過去には、サファリのガイドやキリマンジャロ登山のガイドの仕事もしてきた。十分な資金がたまったら村に帰り、大きな家を建てることが目下のゴール。

A

勉強することは大人になるために大切なことだよ

勉強はとても大切だよ。マサイの子供は文化的に学校には行かない部族だけれど、勉強はしているよ。

日本のみんなのように学校の机に座って、書いたり読んだりする勉強ではないけれど、木の下に座って、自然について、薬のつくり方について、そして動物とどうやって戦うかについて、牛の世話のしかた(世話から、殺し方まで)マサイは小さい時から勉強をしているよ。だから、勉強することは大人になるために大切なことだよ。

僕の世代にはマサイは学校に行かない子どもがほとんどだったけれど、今は学校に行ってみんなと同じように読み書きの勉強をしているマサイの子供たちが大勢いるよ。

取材・文/Questionary編集部

Q&A / 2023.10.17

プロフィール

マイケル・エドワード・モレル

マサイ族・運転手

マイケル・エドワード・モレルさん

マサイ族、1982年タンザニアのアル―シャ生まれ。マサイ族とは、120あるタンザニアの民族のうちのひとつ。垂直に高く飛ぶ「マサイジャンプ」やライオンを狩ることで有名。色鮮やかな「シュカ」という赤い布を身に纏う。以前は遊牧民だったが、現在は観光ガイドをしたり、近隣の国に出稼ぎをしたり、遊牧民のライフスタイルは失われつつある。
マイケルは、4歳と12歳の子供2人と妻の4人でダルエスサラームに住む。出稼ぎのために12年前にマサイの村から都市に移住した。主に外国人たちの運転手の仕事をしながら、定期的に故郷の村に帰省している。本人は12人兄妹のひとり。過去には、サファリのガイドやキリマンジャロ登山のガイドの仕事もしてきた。十分な資金がたまったら村に帰り、大きな家を建てることが目下のゴール。

プロフィール

竹内薫

サイエンス作家・YESインターナショナルスクール校長

竹内薫(タケウチカオル)さん

サイエンス作家、YESインターナショナルスクール校長。東京大学教養学部、同理学部を卒業。 カナダ・マギル大学大学院博士課程修了(高エネルギー物理学専攻)。2014年8月にYESインターナショナルスクールを開校。著書に『(伝記絵本)カタリン•カリコの物語』(西村書店)、『誰かに教えたくなる宇宙のひみつ』(徳間書店)『僕たちはいつ宇宙に行けるのか』(山崎直子共著、青春出版社)など多数。 X:@7takeuchi7

A

それは、大人になってから幸せな生活を送るためです。

 

もし、学校でやっていることが大人になって幸せになるために役立たないと思うなら、その学校には行かなくていいと思います。別のことをやった方がいい。

 

じゃあ幸せってなにかと考えてみると、嬉しかったり、ワクワクしたり、ドキドキしたりすること。

 

あとは、ちょっと苦しかったけど、やり終わったらいい気分になったりすること。そんな“小さな達成感’を積み重ねていくことが、人生の幸せにつながると思います。

 

何にもしないでなまけているだけでは、達成感はないですよね。それって、あまり幸せではないと思う。嬉しくて楽しいこと、ちょっと大変なこと、両方ないとダメだと思います。

 

それを経験するために、学校に行くんです。

取材・文/Questionary編集部

Q&A / 2023.10.17

プロフィール

竹内薫

サイエンス作家・YESインターナショナルスクール校長

竹内薫(タケウチカオル)さん

サイエンス作家、YESインターナショナルスクール校長。東京大学教養学部、同理学部を卒業。 カナダ・マギル大学大学院博士課程修了(高エネルギー物理学専攻)。2014年8月にYESインターナショナルスクールを開校。著書に『(伝記絵本)カタリン•カリコの物語』(西村書店)、『誰かに教えたくなる宇宙のひみつ』(徳間書店)『僕たちはいつ宇宙に行けるのか』(山崎直子共著、青春出版社)など多数。 X:@7takeuchi7

プロフィール

養老孟司

解剖学者

養老孟司(ヨウロウ・タケシ)さん

1937年11月11日生まれ。神奈川県鎌倉市出身。日本の医学者、解剖学者。東京大学名誉教授。医学博士。2003年に出版された『バカの壁』は450万部を突破。著書『ものをわかるということ』(祥伝社)は、体がおざなりにされた昨今の勉強における「身につける」という言葉の真意や、子どもたちがぶつかるであろうさまざまな壁との向き合い方が綴られた、これからの予測不可能な時代をサバイヴするために必携の一冊。

A

なにかを勉強するには、タイミングが大事

この質問はみんな聞くんだよね。

 

逆に聞きたいです、「なんで勉強が嫌いなの?」って。

 

やりたいこと、興味のあることがほかにあるのに、時間をつぶされてしまうとか、親がおっかないとか、先生がおっかないとか、いろいろな理由があるはずで、それを全部ひとまとめにして返事をするわけにはいかないから。

 

 

ちなみにこの「鎌倉昆虫同好会々報」は、虫好きが高じて、僕が13歳のときに自分でガリ版(昔の印刷方法。鉛筆のかわりに鉄筆を、紙のかわりにろう原紙を使う。ろう原紙をヤスリの上に乗せて、鉄筆で字や絵を書くと、書いた部分のろうが削れて”版”ができて、何度も印刷できるようになる)で作りました。

 

自分で全部文章を考えたし、そうすることでいつのまにか国語の勉強にもなり、ずいぶんキレイな字が書けるようにもなりました。

 

 

 

これはその頃捕った虫なんですけどね、こうやってラベルをつけると虫の死骸が標本に変わるんです。このラベルを全部手で書いたりしていたんだから。大変なのわかるでしょ。

 

つまり、自分がやりたいこと、好きなことが見つかったら、それを実現するために自然といろいろなことをやらなければならないし、できるようになるんです。

 

そして、なにかを勉強するには、タイミングが大事。

 

大きくなったら自分ですぐわかることでも、早めに教わると苦痛なんですよね。

 

だから、いつのまにか勉強って強制されてやるものだと思いこんでしまう。

 

でも、漫画が読みたくなったら、字が読めるようになるでしょう。

 

たくさんおしゃべりをしたくなったら、言葉をひとりでに学ぶでしょう。

 

自分の中に「やりたいこと」が湧き上がってくるのを待つことが、本当は大切です。

 

それでも、どうしても嫌なことをしなければいけない時があります。そんな時は、僕は「好きなことをやりたかったら、やらなくちゃいけないことを好きになるしかない」と考えて、その問題を解決しました。

 

あとは、今の世の中がこのまま続くかと言ったらそれは大変な間違いだし、将来のことなんて誰にもわかりません。例えば、また大きな地震が起こるかもしれないし、その時になにが大事になるかはその時にならないとわからないんです。

 

だから、なんでも自分でできるようになること。

 

不自由な環境でも、なんとかやっていく力を身につけておくこと。

 

勉強は、よく「身につける」と言うように、頭だけではなくてもっと体で学習するものです。

 

それこそ、虫捕り網を持って山を走りまわっても、「よく勉強したね」とは言われないけれど、実はいろいろなことを学んでいるんですよ。

 

だから、外に行って遊んでください。自分で体を動かして、自然に触れて、感じて考える。それこそが総合学習です。

取材・文/Questionary編集部

Q&A / 2023.10.17

プロフィール

養老孟司

解剖学者

養老孟司(ヨウロウ・タケシ)さん

1937年11月11日生まれ。神奈川県鎌倉市出身。日本の医学者、解剖学者。東京大学名誉教授。医学博士。2003年に出版された『バカの壁』は450万部を突破。著書『ものをわかるということ』(祥伝社)は、体がおざなりにされた昨今の勉強における「身につける」という言葉の真意や、子どもたちがぶつかるであろうさまざまな壁との向き合い方が綴られた、これからの予測不可能な時代をサバイヴするために必携の一冊。

地球ってどのくらい大きいの? 記事一覧 なんであまぐもはくろいの?